2017年06月01日

ハイジャック

日本で一番最初におこったハイジャック事件として有名なのが
よど号ハイジャック事件、です。知ってますー?

運航乗務員を除く乗員と乗客は福岡とソウルで順次解放されたものの、
運輸政務次官山村新治郎という人が人質の身代わりに搭乗し、
運航乗務員と共に北朝鮮まで同行した後に帰国したんです。

犯人9名はそのまま北朝鮮に亡命。今も生きている人はあちらにいるとか。

飛行機はは平壌国際空港とされる場所に着陸する。
実際には韓国のソウル近郊にある金浦国際空港で、
韓国兵は朝鮮人民軍兵士の服装をして、
「平壌到着歓迎」のプラカードを掲げるなどの偽装工作を行っていたらしい。
このあたり、今聞くとコント。

とにかくこれがハイジャックの最初の事件ですが、
このころに比べたら今はもっと怖いハイジャック時間があって、
あれはあのセキュリティ・チェックの厳しさは当然ですね、といいたくなる今日このごろ。

2017年05月01日

パスポート

パスポートがあればどこへでも行ける、基本的にこれは正しい。
でもちょっと待って。
ビザがないと入国できない国もあります。
パスポートの有効期限が短いとだめってとこもある。気を付けた方がいいのです。

実際、家族の中野ひとりのパスポートの残存期間が短くて日本を出国させてもらえなかった人がいました。芸能人でニュースになったので知ってる人も多いかも?

あんなことがあると悲しいですからね、気を付けるしかない(結局はここ)。
その方は年末年始を海外で、だったのに、行けませんでしたからねー。
お正月の楽しみが一転です。

じつはこういう人、時々いるみたいで。
旅行会社を通すとチェックしてくれる??のかな?少ないみたいです、でも個人でやるとね、落ちがあるときもある、っと。

思わず自分のパスポート確認しちゃうよね(笑)。
大丈夫でした・・・あはは。

皆さんも気を付けましょう!

2017年04月01日

足から暖かく

足を暖めると身体全体があったかくなるけど、こういうのを信用しないのが外国人。


血行が悪いと足が冷えやすくなりますが、その理由の一つが筋肉にあります。
血液は心臓から出て動脈を通り身体の隅々まで行き渡った後、
毛細血管から静脈に入って戻ってきます。

静脈から血液を戻す時は、ポンプの役目をする心臓がないですから、
筋肉がその役目を担うことになります。
ところが女性は男性に比べて筋肉の量が少ないので、
冷えやすいんです。

それに、こういうことすら、東洋医学的な考えが基本なせいか、
外国人は信じない。おもに欧米人。

アジア圏は少し違いますねー、さすがです(!)。

足を暖めると身体全体が暖かいですよ。本当です。

ということで、レッグウオーマー買いにいきます。

2017年03月07日

看護師の私が体験した幽体離脱について

看護師の私は初めて幽体離脱というものを体験しました!
30代の産業看護師、絶賛転職活動中ですがw
夜なかなか寝れないなぁって思ってゴロゴロしていたんだけど、いきなり金縛りにあったの。
無理やり体を動かそうとしたら突然体が前のめりになって前に倒れました。
おかしな感覚に頭の中は???となり、起き上がって自分のベッドを見ると…
なんとベッドで横になっている自分がいたのです!
看護師の私は急に恐ろしくなりました。
でもどんな事をしても実際の体に戻れませんでしたよ。

どうしよう…思っているといきなり体が引っ張られたんです。
家の壁を通り抜け、空を飛んで…
ぐんぐんぐんぐん引っ張られました。
気付くとお墓の前に立っていた看護師の私…
周りは夜だし誰もいません。
目を凝らすとそこは亡くなったおじいちゃんのお墓でした!
あっ!と思った瞬間…
看護師の私はベッドの上で目を覚ましていました。
朝になってたし。
その日は全然寝た気がしないまま仕事に行く羽目になりましたよ。

その体験が本当に幽体離脱だったのか夢だったのか…私には分かりません。
思い出すと記憶が曖昧で…
だけど今度の休みに両親とお墓参りに行く事にしました!
そういえばしばらくおじいちゃんのお墓参りに行ってなかったから。
待っててね、おじいちゃん!

2017年03月01日

漢方薬

カンポウのなかでも、結構好き(!)なのが葛根湯です。
身体が温まるしね。風邪予防にもいい、風邪ひいた後でも有効です。

葛根湯とは、7種類の生薬からなる漢方薬の名称です。

効能の幅が広く、風邪やインフルエンザの初期症状、肩こりや頭痛などの炎症、
蕁麻疹など色々な症状に適応できることから世間でも親しまれているお薬。

漢方薬理学的には、
「体を温めて病気を発散させて治す」
辛温発表剤という分類に分けられます。

小さいころ、「カッコントウ」って書いた看板をみて、「なんじゃありゃ??」って思ってたけど、今は見るとほんわかする(笑)。そんなもんです。

葛根湯を始め、漢方薬の基本的な飲み方は
「食間にお白湯で飲む」ことが推奨されています。

食間とは食事と食事の間、およそ二時間位のことを指します。
もしも食間に飲むことが難しい場合には、食前30分くらい前に飲んでおきましょう。

目安は1日2回〜3回です。

カッコントウ、そろそろなくなるので買わなくっちゃ!
我が家ではなくてはならないものですよ。

2017年02月01日

ドン引きする

男性は、女性のスピ系大好きにドン引きします。

どうしてスピリチュアル系って女性に多いのか、ここもよく分からないところ。
雑誌やテレビでも特集が組まれるほどに人気になった「パワースポット」。

自然のある静かな森や神社ならどこでもパワースポットと呼ばれるのではないかと疑ってしまうほど、
似たような場所ばかりです。

しかし幸せを求めてパワースポットに足を運ぶ人も多くいるようです。
なかには「●●に効果的なパワースポットを教えて下さい」という人も…。

当たり前ですが、パワースポットへ行ったから結婚できるわけではありません。
自分と向き合うことや、出会いの努力をせずに「行っただけ」で満足している姿には、
男性もドン引きするようです。

宇宙と交信、とかも。。
なんだかさっぱり個人レベルでは分からないです。
でも信じてる人は多い。
そこにすごいお金を払う人も多い、ほんとうです。

信じるものはすくわれるのかなー・・・。
私もドン引きだなー。

2017年01月02日

ラインすごい

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

すごい「ライン」というものが流行っています。
誰もがやってるのかな。
その「LINE(ライン)」でメッセージを送った後、どれくらい返事がないと怒りやいらだちを覚えるのか--。

そんな研究成果が去年ですけど、日本教育工学会で発表されました。

LINEへの依存度が高い人は、その日のうちに返信がないと許せない傾向が確認された。
依存度が低い人は翌日まで待てるものの、
恋人に送ったメッセージだけは別物で、当日の夜までに来ないとダメだったらしい。

うわーー。

まーね、メールの返事もすごい待つけど、返事をしない人はしないし、
早い人は早い、遅い人はいつも遅いですよね。

すぐに送れそうなものでも、なんだか知らないけど遅い。
そういうもの、という位置づけなんでしょう。

本人たちに言わせると「どうして早く欲しいの?」なので。

とにかく、ラインのブームはすごいですね、でも次はいったいどんなものが出てくるんだろ。
そっちも気になります。

2016年12月03日

来年は少しだけ自分のために…

今年の終わりまでもう一ヶ月ありません。
今年一年を振り返ってみるとなんだか疲れたな…というのが
正直な私の気持ち。
看護師の仕事、マンションの支払い…みんな同じなんだろうけど
仕事に追われる日々。
何か楽しいことってあったかな?って考えてみても何にも思い浮かばない。
マンションのローンは毎月払わなきゃいけないものだけど、もう少し
休息の日を作っても、自分へのご褒美があってもいいかなって考えてます。
来年は一ヶ月に一度でもいいから自分を労わる時間を作ってみようかなっ。
今までローンの繰上げ返済のことばかり頭にあったけど、そんなに必死に先を急いでも
なんだか老け込んでいくような気がします。
少しだけ自分のために使う時間を作って頑張っていこう!

2016年10月12日

転職は中小企業?大企業?

大学卒業後に中小企業に行ったほうがいいのか、または大企業にいあったらいいのか迷っています。
せっかく4年も勉強してきたのだし、大企業にいける自信があるのならそうしなさいと両親はいいましたが、ある先輩は、30歳くらいまでは中小企業で働いたほうがいいといいました。30代でLPガス系の会社にいくとか。
仕事をたくさんしたいのなら、できるだけ小さい会社に勤めたほうがいというのです。
そのぶん従業員の数も少ないですし、やることは色々ありますから身につくことが多いようですね。
それぞれ収入面でも変わりはないようです。
小さくても活気のある会社は、その勢いがありますから会社の安定もありますよね。
先輩が今働いている会社では、営業をはじめ管理そして集金まですべてやっていると聞きました。
忙しい毎日ですが、やりがいはあるし時間が足りないと思うほど一日が早く過ぎていくようです。
彼は2年後には30歳になりますが、そうしたら転職をして独立するという夢を話してくれました。
そのための準備期間として中小企業を選んだのだということです。
こういう転職の仕方もあるのだと思うと、もっと自分も色々なことを考えていかなければいけないなと、思いました。
やはり多くの知識を身につけたいと思いますからね。

2016年06月06日

年齢的にきついと言われた転職

現在43歳の私。
今の事務職から他の仕事へ転職をしたいと考えて、退職をしました。
これが大きな間違いだったのです。
転職をするのなら、在職中にしなければいけなかったのです。
後先何も考えずにとってしまった行動で、今最悪な事態になっています。
事務職を十数年やってきたのですが、余にもデスクワークで発生する肩こりを悪化させてしまいました。
今探している職は、少しでも体を動かせるような仕事を探していますが年齢が40歳過ぎなのでどこの会社に問い合わせてみても、まず面接すらしてもらえていません。
ハローワークへ通いもしましたが、窓口でまた年齢のことを言われてしまいました。
やはりこの歳での転職はそうとう難しいのでしょうね。
でもこうして考えてみると、40歳代なんてまだまだ働き盛りですよね。
どうしてこうした判断を勝手にされてしまうのでしょうね。
ものすごく寂しいことですよ。
転職先を探すのにこれほど自分の歳を恨むなんて・・・・
あのまま転職しないで、あと20年ほど頑張ってやっていればよかったと、後悔してもしきれませんし、また今更元の会社へも戻れないですよね。
毎日が、挫折と戦っているようで心身ともに疲れきってしまいました。
ああ30代で金融系で転職活動をしていた時代が懐かしいな。